2008年11月06日

日本人の”個性観”

いつもご訪問ありがとうございます
皆様のコメント・アドバイスが励みになっています
主役は日々変わりながら発信してまいります
今後も多くの皆様のお目にかかれることを願いつつ

応援は→にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
 50代オヤジへ←ここクリック
===========================

アメリカではオバマ氏が黒人初の大統領に選ばれましたね。2004年の上院選で初当選した1回生議員で、上院議員から直接大統領に選出されたのは1960年のジョン・F・ケネディ以来なんですね。47歳という若さですから、おおいにリーダーシップを発揮してもらいたいものです。黒人初ですから違う意味で“個性”を前面に出して変革をしていただきたい。

アメリカらしいと思いません?日本だったら当選1回の国会議員が総理になるなんてことはありませんよね。「出る杭は打たれる」じゃないですが、一般的に日本は「個性的だといじめられる」、みんなと同じような格好をして、みんなと同じ物を持っていないと「あいつは違う、変だ」とかと言われる傾向性があると思うのは私一人じゃないと思いますが。

一方で「個性的」って、どんな人?と聞くと答えはさまざまでしょうが、「人と違った格好が堂々と出来る人」「面白い人。人と違うことをする人」「周りの人の意見に流されないで、自分らしさを知っている人」「個性とは、外見ではなく、その人の内面からにじみでてくるもの」等々、イメージとしては良いことだと考えているように思う。

しかし、現実は学校、職場でもこの「個性」を出すと異端児扱いをされることがあまりにも多くありませんか?だから、自分の個性を表にださず「みんなと同じように」してしまう。

大人も子どももここから考え方を改めなくてはいけない時代になっているのではないだろうか?しかし、国民性ゆえに根が深い。日本人は、昔から、画一性を重んじてきた。よい、悪いはともかく西洋とは
違う、個性観が全然、違う。個性を埋没させる日本の国民性が、時代の進歩を妨げたとも言われているぐらいですから。

個性を出せずにいたらどうなる?“自分を殺す”“我慢する”“病気になる”のではないだろうか。

ある識者は「個性とは、この世界で、その人しか持っていない宝の一品である。まったく同じ顔の人はいないように、人それぞれ個性が違う。自分にしかない宝をもっている。自分にしかできない使命をもっている。鳥には鳥の個性があり、犬には犬の個性があり、ライオンにはライオンの個性がある。同じように、それぞれの人に、それぞれの性格があり、それぞれの個性がある。個性があるから、人格はできる。個性があるから、その人でなくてはならない生き方があり、人生があり、使命がある。個性とは、他の人がもたない、自分なりの独特の特性であり、本能的ににじみ出てくるものでしょう」と。


前にも書きましたがスマップの歌の歌詞です。

花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた
ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね
この中で誰が一番だなんて 争うこともしないで
バケツの中誇らしげに しゃんと胸を張っている
それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で 一番になりたがる?
そうさ 僕らは 世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい

「桜」には「桜」の、「梅」には「梅」のそれぞれの個性があり、役割があり、意味がある。それを、梅が桜に憧れて、桜になろうとしてもなれないじゃないですか。自分の花を咲かせることに一生懸命になればいいんですね。それが自身の幸福につながっていく。

目はどこに付いてます?外に向かって付いてますよね。だから、どうしても他人と比較して一喜一憂してしまうことが多い。しかし、そういう「他人志向」「他人本位」では自分を見失い、行き詰ってしまうことになる。

ならばどうしたらいいのか?「自分自身に生きる」が大事になってくる。

夏目漱石も「自分さがし」の旅をさまよったそうだ。彼はイギリス文学を志し、ロンドンへ留学するが、文明のギャップに苦しみ、劣等感に苦しみ、神経衰弱になる。悩みきった果てに彼は「文学とは何か。その概念を根本的に自力で作り上げるよりほかに、自分を救う道はない。“他人本位”だからダメだったんだ。自分自身に生きよう」と。

さぁ、また、元気だして、“自分さがし”の旅を開始しましょうね。周りと共生しながら・・・。

ここからも→にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
 50代オヤジへ←応援できます
posted by Koumei at 12:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいて、なんだか元気になりました。周りのものさしでどう思われているかではなく、自分自身がどうありたいかですよね。そして自分を持ちながらも、周りとも共生するというのも、自分を苦しめずに生きるため、よく分かります。
ありがとうございました。
Posted by Lisa at 2008年11月06日 14:22
はじめまして。ブログ楽しくよませていただきました。応援してかえります。
Posted by みどり at 2008年11月06日 17:19
個性を表に出すと、異端児扱いされるのは、おかしいことですよね(汗)
社会、学校では、個性を大事にしますと
言っておきながら、大事にされてない世の中(汗)
koumeiさんの記事を読ませて頂くと
いつも、自分自身に向かって問わせられます(^^)
Posted by タロチースケ at 2008年11月07日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。