2008年11月08日

マネーよりマナーだね

いつもご訪問ありがとうございます
皆様のコメント・アドバイスが励みになっています
主役は日々変わりながら発信してまいります
今後も多くの皆様のお目にかかれることを願いつつ

===========================
どこかの会社のコマーシャルに「マネーよりマナー」をというフレーズがありましたね。今日は「マナー」について書いていこう。

実は昨夜、町内の役員会があり、途中から“クレーマー”の婦人が来られましてあれやこれやのクレームのオンパレード。参加者は全員沈黙。何故って?「対話」にならないことが分かっているからなのでしょう。一方的に批判を述べて“それじゃ、私は帰ります”って。何しに来たの?改善策は話し合わないの?

新渡戸稲造が「武士道」という本の中でこのように言っています。“体裁を気にしておこなうのならば、礼儀とは浅ましい行為である、真の礼儀とは相手に対する思いやりの気持ちがあらわれたもの、礼儀の最高の姿は愛と変わりありません”と。

相手を大切に思う心・・・。相手に恥をかかせないこと。それはちょっとした表情や態度に、言葉はなくても無意識にでてきますよね。専門家の研究によると、意思を伝達する経路として、言葉によって伝わるのはわずか7%なんです。身振りや手振りが38%、顔の表情が55%にもなる。したがって話の内容よりも、顔の表情や印象のほうが相手の記憶に深く残るという訳です。

先の婦人はどうだろうか?“私は〜と思う”皆さんはどうですかという投げかけも無く、相手を攻める形相で話されたのでは“礼儀”を欠いているといわれても致し方ないのではないだろうか。

話し上手は聴き上手というじゃありませんか。とにかく、相手を理解しようと意識して耳を傾けることです。“聴く”という漢字に注目してみてください。耳だけではなく目や心を使って聴く。他にも“十四”の心をもつぐらいの思いで相手の話を聴くことだともいわれていますね。

参考までに聴き上手になるために何が必要か?

相手の話をさえぎらない、あいづちを打つ、もっと分かりたいと思うことについて質問をする、分かったところを伝え返すということができたら“聞き上手”といわれるんでしょう。

「江戸しぐさ」という言葉は知ってますか?マナー向上のためのコマーシャルで注目されだしたそうです。江戸時代中期の江戸は人口110万を越す大都市であった。日本全国から武士・商人・職人が集まっていた。もちろん言葉や育った文化も違う人々が狭いところにひしめきあっていたので当然、円滑なコミュニケーションをとるのは至難の業。「江戸しぐさ」はこのような背景のなかでお互いを尊び、少しでもストレスを少なくし、諍いを起こさないようにと町民のリーダーが率先して工夫を重ねるうちに出来上がった心づかいのルールなんです。

1 さりげない会釈で空気がなごむ
江戸の町では見ず知らずの人同士でもすれ違うときなど、視線を合わせてさりげなく目で挨拶をする習慣が定着していたという。当時の人々は信仰が生活の一部となっていたので人間はすべて仏の化身であるという意識があり、身分にかかわらず、仏さまに挨拶するように見知らぬ他人にも挨拶をしたというのです。目で挨拶をすると目元が優しくなごみますね。素敵な笑顔は表情をいきいきと明るくし、周りの人をも明るい気分にすることができる。

2 譲り合う優しい気持ち
狭い路地での「傘かしげ」や「肩引き」「蟹歩き」などは有名。すれ違う時に肩を斜めにしたり、横歩きしたり、ぶつかって傘を壊したり衣服を濡らさないよう譲り合うことで不愉快な思いをしないですむという。

3 うかつ謝り
人口過密都市であった江戸の町では祭りや縁日の雑踏で、ぶつかったり足を踏まれたりということは頻繁にあったんでしょうね。ぶつかったほうが「すみません」と謝るのは普通だと思いますが、江戸ではぶつけられたほうも「いえいえ、こちらこそうっかりしていました」と謝り返したといいます。横柄に「気を付けろ!バカヤロー!」と言われるより、ずっと優しい気分になれる。

他にも「江戸しぐさ」に学ぶことはあるのだが、3つだけ挙げてみた。

人にされたら“イヤ”なことは、人にしないこと。お互い譲り合い、謝り、許しあうことで心のゆとりが生まれ、温かみのある人付き合いも生まれ、優しい社会を築くことにつながるのでしょね。

江戸時代と大きく違うのは、他人を“仏の化身”のごとく見れないことではないかと思う。ここが現代の我々に欠けている重大なところではないだろうか。

物やお金も大事だが、心の豊かさを今一度、見直す時代に来てるのだろう。皆が心根のいい人になったら「平和」になるよ。きっと。

posted by Koumei at 13:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 私の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「江戸しぐさ」
素敵ですよね・・・!
今では失われた「人を思い遣る精神」が
そこには見られますね。

本当にマナー違反の方の多いこと。
わが身も見直して、少しでも素敵な人間になりたい・・と
願う今日この頃です。
Posted by あんり at 2008年11月08日 13:45
天に向かってツバをはくと自分にかかるって習わなかったのかしらねぇ(-.-)ノ⌒-~
最近は若い人だけでなく
常識を知らない
ビックリする様な人が増えてます
nekoも気を付けなきゃ

これからも
応援します(^-^ゞ
Posted by nyannko12000 at 2008年11月08日 23:43
どのにでも1人はいますよね。
その方は親からそう教わって育ったのですよ。

私は 言われて嫌な事は言わないこと、されて嫌な事はしない
これを子供にいつも言っていました。

小学校の先生が
『高学年になったのだから、言われたら言い返せ されたらしかえせと言いなさい。そうしないと中学ではやっていけませんよ。これまで言い聞かせている事が身にしみてるから、この位言っても失敗は無いですよ。』
と言われた事を思い出しました。

Posted by ふみ at 2008年11月09日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。